学生の方へ
 
 産学連携活動について
 よこはまティーエルオー株式会社(承認TLO)は、イノベーションシステムの中核機関として地方自治体をはじめ各関係団体と連携し地域企業との研究・教育面での多様な産学連携を企画・運営する。大学の知的財産を地域社会において活用し、地域の経済的発展を図っています。
産学連携実用化研究、大学発ベンチャー支援、産学連携による人材育成を実施しています。

 
 知的財産制度とは
知的財産権制度とは、知的創造活動によって生み出されたものを、創作した人の財産として保護するための制度です。「知的財産」及び「知的財産権」は、知的財産基本法において次のとおり定義されています。
<参照条文> 知的財産基本法
第2条 
1. この法律で「知的財産」とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的動により生み出されるもの(発見又は解明がされた自然の法則又は現象であって、産業上の利用可能性があるものを含む。)、商標、商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示するもの及び営業秘密その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報をいう。
2.  この法律で「知的財産権」とは、特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利又は法律上保護される利益に係る権利をいう。
 
知的創造物についての権利
 ・特許権(特許法)
       発明を保護  出願から20年
・ 実用新案権(実用新案法 )
       物品の形状等の考案を保護 出願から10年
・ 意匠権(意匠法)
       物品のデザインを保護 出願から15年
・ 著作権(著作権法)
       文芸、学術、音楽、プログラム等の精神的作品を保護  死後50年(法人は公表後50年、映画は公表後70年)
・ 回線配置利用権(半導体集積回路の回路配置に関する法律)
       半導体回路配置の利用を保護 登録から10年
・ 育成者件(種苗法)
       植物の新品種を保護 登録から20年(樹木25年)
・ 営業秘密(不正競争防止法)
       ノウハウや顧客リストの盗用などの不正行為を禁止

営業標識についての権利
・ 商標権(商標法)
       商標を保護 登録から10年(更新あり)
・ 商号(商法)
       登録された商号を保護 
・ 商品表示、形態等(不正競争防止法)
       行為を禁止 周知表示との混同、著名ブランドのただ乗り 商品形態のデッドコピー 原産地等の虚偽表示 ドメインネームの不正取得

詳細情報リンク

 ※1.産業財産権 について詳しくは 知的財産権制度とは(特許庁)
 ※2.著作権について詳しくは 著作権(文化庁)
 ※3.回線配置利用権について詳しくは 財団法人ソフトウェア情報センター
 ※4.育成者権について詳しくは 品種登録ホームページ(農林水産省
 ※5.不正競争防止法について詳しくは 不正競争防止法(経済産業省)

裁判所の知的財産部の状況
 2005年(平成17年)4月1日現在,知的財産権関係事件を取り扱う専門部は,東京地方裁判所に4か部,大阪地方裁判所に2か部あります。また,大阪高等裁判所にも集中部が1か部あります。

我が国の知的財産権に関する事件を専門的に扱う裁判所として設立された知的財産高等裁判所(「知財高裁」。)があります。


 

技術移転とはhttp://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/sangaku/sangakuc/sangakuc10_1.htm