TLOとは

TLOとは、Technology Licensing Organization(技術移転機関)の略称です。大学の研究者の研究成果を特許化し、それを民間企業等へ技術移転(Technology Licensing)する法人であり、産と学の「仲介役」の役割を果たす組織です。技術移転により新規事業を創出し、それにより得られた収益の一部を新たな研究資金として大学に還元することで、大学の研究の更なる活性化をもたらすという「知的創造サイクル」の原動力として産学連携の中核をなす組織です。

大学における研究者の研究成果を企業へ技術移転し、企業がそれをもとに事業化することで得たロイヤリティなどの収益の一部を大学等に還元し、大学・研究者の研究活動を活性化する、「知的創造サイクル」各大学におけるTLOの設立を政策的に支援する「大学等技術移転促進法(通称:TLO法)」(通産省・文部省提出)が平成10年5月に制定され、8月から施行されました。

主として神奈川県内の国公私立大学の研究成果を企業に橋渡しする技術移転機関(TLO) としてよこはまティーエルオー株式会社が、横浜国立大学、横浜市立大学の教職員や大学 関係者約150名の出資を受け、平成12年12月20日に設立されました。翌13年4月 25日には大学等技術移転促進法に基づき文部科学省と経済産業省から承認を受け、技術移 転活動を積極的に推進しています。

承認TLOは、平成24年10月現在、全国に39機関が設立されています。

設置形態は、大学内にTLO組織があるもの(内部TLO)、大学とは別個に存在するもの(外部TLO)があります。さらに、外部TLOの中には、広域的に複数の大学の研究成果の技術移転を行う広域TLOがあります。

一方、組織形態として、「株式会社」「財団法人」「学内組織」など様々な形態のTLOが存在します。

経済産業省大学連携推進課
http://www.meti.go.jp/policy/innovation_corp/top-page.html